高熱が出てる妹に雌豹のポーズで座薬入れてってお願いされた時の話

両親が結婚記念日旅行中の話な

俺24歳
実家住みの会社員

妹11歳
顔はそうだなーキャリーぱみゅぱみゅみたいな感じ

11月1日が両親の結婚記念日でイタリアに一週間旅行行くから妹を頼むと言われた訳よ
まぁ妹は歳も離れてるし、毎月お小遣いあげてるおかげもあってか仲はとてもいい

両親が旅行に行って二日目に学校から俺の携帯に連絡が来た
妹が高熱出してるので迎えに来て欲しいと、俺は会社に事情を説明し早退
急いで小学校へ向かう、保健室に行くと丁度休み時間だったようで妹の友達数人と出合ったんだが
妹以外は高校生!?ってくらい大人っぽくてビックリしたのを覚えてる

保健室で妹の友達と喋った会話は省くね
39℃以上の熱があったのですぐさま病院へ連れて行った
診断結果は扁桃腺 薬を色々貰い、その中に座薬も含まれていた

家に帰ってからとりあえず会社に電話し三日程有給を取った
家に帰り、妹を寝かせ夕飯時になったころ、とりあえずこういう時はおかゆだろうと思いおかゆを作って妹の部屋へ持って行ったんだ
その時、事件はおきる

妹の部屋の前に立った時、何か変な声が聞こえる・・・

妹「んぅうう・・・んんんううう・・・はぁはぁ・・」

俺「え!?これはあれか?思春期だしもしかしてお取込み中か?」
済まない・・・最初からオナニーを疑った兄をどうか許してほしい

数秒後もしかして、高熱でうなされてるんじゃ!??まずい!
俺は普段ならノックして入るのノックもせず妹の部屋を開けた

勢いよく「大丈夫か!?」との大声と共にドアを開けたその先には

雌豹のポーズで今まさに座薬を押し込もうと悶えてる姿だった

俺は驚きのあまりおかゆを落としたwwww
マジで最初はバイブ突っ込んでるように見えたんだ・・・済まない本当に済まないこんな兄で

俺は開いた口が塞がらない状態でだああいじょうううぶかにゃー?みたいな意味不明な言語を発していた
妹も流石に下半身丸出しで雌豹のポーズとってるもんだがら、ビックリして赤面しながら違うの!違うの!って必死に言い訳してた
俺はその時点で悟った・・・・今回は座薬を入れようとしてただけだけど、こいつオナニーしてるなって

なるべく下半身丸出しと雌豹のポーズには触れないでおこうと思って
あちゃーせっかくお粥作ってきたのにお兄ちゃんおっちょこちょいで御免な!
今すぐ作り直すから、ちょっと待っててな!って言ったんだ

妹「待って、行かないで」

俺「え?」

どどどどどした?どこか痛いのか? 

なんでこういう時ってどこか痛いのかとか聞いちゃうんだろうなww

妹「痛いとかは別にないよ。せっかくお粥作ってくれたのにごめんね」

俺「いいよいいよ気にすんな!こんなのすぐ作れるし!てかどうした?」

バサッ!掛け布団を払い除けて下半身丸出しの妹が言った一言

妹「座薬が上手く入っていかないの・・・お兄ちゃん手伝って!」

進学のため上京して妹と2人で同居生活していたが同棲生活に変わった

2歳下の妹と同棲しています。妹と同棲って何か変な表現ですが、察しの良い方なら言いたい事が分かると思います(笑) 
俺は今25歳で普通にサラリーマンしてます。妹もOLやってて、関係が始まったのが3年前の2月初旬の事でした。 
場所は俺達のマンションです。 
高校卒業後、都内の某大学へ通う為に一人暮らしを始めて、2年後に妹が専門学校へ通う為上京する事になり、貧乏って程では無いですが、2人も一人暮らしさせられる程裕福では無かったのもあり、まだ未成年の妹を一人暮らしさせるのが不安だった両親は俺との同居を俺と妹の同意も無しに勝手に決められ、拒否する選択は俺達には無く決定させられた… 
ただ、当時住んでいたマンションは2人で住むには狭すぎた為、学校からは少し遠くなるが、それまでより少し広めのマンションへ引っ越しました。 
広くなったと言っても1DKには代わりがありません… 
部屋の広さが8帖から10帖程になっただけです…ダイニングキッチンなんて言いますが6畳程のスペースに無理矢理作った感タップリで、テーブルとイスを置いたら他は何も置けない程の狭さです… 
なので、その唯一の1部屋の真ん中に背の低い収納ボックスとカーテンを付けて視覚的な遮断も含めて部屋の間仕切りをと思って付けてると 
「別にそんな事しなくてもイイよ」 
と妹が言うが、 
「着替える度にいちいち気にしてたら面倒だろ?」 
と言うと 
「お兄ちゃん見られて恥かしいの?」 
と言う始末… 
「俺じゃねーよっ!トモ(朋美)を気遣ってんだろっ」 
と言えば 
「私は平気だよ~そりゃ、あからさまにジロジロ見られたら嫌だけど(笑)そんな事しないでしょ?」 
と… 
ま、とにかく何時突然両親のどちらかが来るかも分からないから、あらぬ誤解を起こさない為にもとカーテンは取り付けた。 
そして妹との同居が始まったのですが、いくつかルールを設けました。 
1つしか無いトイレと洗面台…朝の時間が重なれば取り合いになる事は必至… 
そこで身支度に時間の掛る妹が俺よりも早く起きて朝食の用意もし、時間をズラす。 
支度に時間の掛らない俺は朝食後の片付けをする。 
もし妹が寝坊した場合は俺の支度を優先する。その場合は朝食も諦める。 
夕食当番は特に決めなかった。それにはお互いバイトをしているので帰り時間が異なるからだ。 
なので夕食に関しては各々で勝手に済ませる事にした。 
休日に関しても朝食から各々勝手に済ませる事にし、出来るだけ互いを干渉しない様なルールにした。

そんなルールが良かったのかトラブル無く2年近く生活が続いていたある日、翌日は大学もバイトも無い久し振りの休日を向かえる日の夜、バイトから帰って来ると簡単に夕食を済ませて21時頃、風呂に入った。 
その時、妹は未だ帰って居なかった。 
髪と身体を洗い終え、湯船に浸かった時だった。 
玄関ドアが開く音と 
『ただいまぁ~』 
と言う妹の声が浴室と洗面所のドア越しに微かに聞こえてきた。 
だが俺は敢えて受け答えずにいると、洗面所兼脱衣所のドアが開く音が聞こえ、直ぐに水の流れる音がするとガラガラ~と嗽をする音が聞こえた。 
暫くして浴室のドアが 
『トントン』 
とノックされ続け様にドアが開き顔だけ覗かせ来た妹が 
「お兄ちゃん、ただいま」 
と声を掛けて来たので、 
「ああ、おかえり…」 
と返事をすると 
「ねぇ、お兄ちゃん入ったばっか?」 
と聞くので「あ、ああ…ちょっと前にな…」 
と答えると 
「お願いっ!寒くて凍えそうだから一緒に入らせてっ!」 
そう言うと妹は浴室に入って来た! 
妹は既に裸でドアを閉めると浴槽に一目散に向かって来た! 
「おっ!おいっ何だよっ!」 
と慌てて浴槽の中で体位座りになって、更に身体の向きを90度捻ってスペースを作ってやると、そこに妹も同じ格好で湯に浸かって来た。 

妹がオナニーしているところに鉢合わせ(ドSスイッチが入ってしまった)

俺は久しぶりに地元の家に帰った時のことです。この日は仕事で親はいない、当然兄弟達も学校でいないはずだった? 
家に帰ってきて、靴がある!? 
とにかく自分の部屋に行ってから洗面所に行くと居間の方から変な声が聞こえてきた。「んっ・・・んっ」行ってみるとソファーの上に中学生の妹が寝転がっていた。 
ビックリさせようと近づいたら足をくねらせながらオナニをしていた。 
流石の妹も俺に気づいた。・・・となって気まずくなった。

妹「////か、帰って来たなら言ってよ。」 
俺「・・・ゴメン。まぁ続けて下さい」部屋に戻ろうとする 
妹「ぅぅ、待ってよ!」 
俺「ん?てかお前学校は?」 
妹「・・創立記念日で休み。」 
俺「そか、でなに?」 
妹「私の見といてでていくなんてズルいよ。お兄ちゃんも手伝って・・」 
俺「・・・・・はい?何を」 
妹「近くにいるだけでいい。」 
俺「はいはい。」

また恥ずかしそうにオナニをはじめた。 
それを見ていた俺は妹ながら、こんなに可愛いかったけ?とモヤモヤした。妹のなんかで俺のブツがギンギンになっていた。それに気付いた妹は「お兄ちゃんドキドキしてるの?」 
俺「妹だからって異性がこんなことしたらだれだってだな」

俺の膝に乗ってきた。まぁ歳の差が9も違うので、妹でやりたいとかは微塵も思わなかった。弟によれば妹はけっこうモテてるらしく人気があるそうだ。 
それは踏まえずに兄弟全員俺より離れていて可愛いもんだと思っている。 
でもこの時は一人の女の子としとてみてしまいそうになっていた。 
妹は俺のことを好きとかいってくれるけどそりゃあ家族としてだと思ってた。

俺「なにやろうとしてるか検討つくけどやめなさい。てかモテてるんやったら彼氏作りなさい。」 
妹「やっ!お兄ちゃんがいるからいい。」 
俺「Kのこと?」 
妹「違う。Aお兄ちゃん(俺)////」 
俺「俺彼女いるんですけど。」 
妹「関係ないもん。だってお兄ちゃん優しいカッコいいだもん。あとたまに可愛い。笑っ」 
俺「俺もお前らの事は好きやけど、そういってくれるんは嬉しいけど家族としてやろ?」

黙って俺の上に座ってオナニをし始めた。完璧といっていいほど誘ってる感じだった。

妹「お兄・・ちゃん。当たってるんだけど。」 
俺「しょうがないやろ。」 
妹「お兄ちゃんがしたいんだったらいいよ?」 
俺(心)「・・・。あ~~ぁ、中学相手に。てか妹とやる気はないしなぁ。Kやったら即ヤルんかなぁ!?」

どっかで俺のドSスイッチが入ってしまった。 
ぎこちなくしてオナニしていた手を払って 
俺が弄る。 
妹「んっ・・・」 
俺「もう濡れてるな。」 
妹「ぅん////」
カテゴリー
  • ライブドアブログ